• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛鬼

なんという面白みのないタイトル、でも俺の妄想力は0

事の始まりはBBのイージス弄ってて、本家イージスの初期案にルパンに出てきたラピュタロボの4足っぽいの出来ないかなーって4つ足にしたのが始まりかな
そこに番長の獅子のジャンクと関羽の鬼パーツ付けて完成
ではなかった

首なしの奴作ろうとしてうまくいかない、逆さまにしたらいい感じ

後は三国伝の腕パーツ繋げりゃ蛇腹っぽくなんだろ

牛鬼のケツにジョイントがあるぜヒャッハー
P1030850.jpg

そして完成
P1000016.jpg
詳しくないけどレビューはfgで見てね、気が向いたらこっちでも頑張ります
スポンサーサイト

あー手が付かない手が付かない

撃流破の手の過程を写真に撮ってそのまま・・・特にする事がなかったので牛鬼を
P1040377.jpg
溶きパテでザラザラさせようとしたら多少なった程度だった
サーフェイサーだか吹く時に梨状にするのはどうやんだったか・・・
P1040337.jpg
パテ塗る前に思いついた妖怪退治
可動考えないで作ってたら全然動かなかった
まぁ完成させる気もないお遊びタイプだからいいか

そうだなぁ手を動かすか

撃流破の表面処理でグダグダとまったりやってるんですよ最近
そうすると自分が思い描いた物を作りたいという衝動に駆られるわけで
でも設定とかなぁとか組み換え主体だとなぁってまた思考がグダグダと

まぁ作ってる人は文句なんかいう暇があれば作ってるなんてのを見たせいで
P1040184.jpg
俺風に、正直最近SD系で一々設定とか考えんのだるくて仕方ない
俺がカッコイイと思えればそれでいい気がしてきたよ
P1040166.jpg
コイツも髪の毛がいい感じになったので
でもこれ以上何か足せるとも思えないので(ディール的にも技量的にも
なんか行き詰まりを感じる存在でもある

撃流破の表面と合わせ目がアオシマ並で凄いイラつく

何をするにも今一歩足りん

ボークスで髪の毛買ってきて試行錯誤
いやーもう模型関連で恥ずかしいと思う事はないと思ったらドールコーナーに入るのが残ってたようで

入って物色してたら背中から汗が止め処なく溢れてもう
平常心がなかったからとりあえずシルバーか白の髪の毛を選んで買ってきて
いきなり半分に切って被せた
P1040104.jpg
ズラを被るメカにしか見えない

しかもボブカット?のタイプだから丸くなって凄い困る・・・ストレートが欲しかったよ

仕方ないから髪の毛を風呂場に持ってってお湯につけたり(本物じゃないので特に意味はなかった
しゃーないから熱湯に浸して爪楊枝でほぐしたり
ヘアーアイロンとか言うものを欲したのは多分コレが最初で最後だと思うよ

そのまま放置してたら磯女の髪と言うよりは夜叉の髪の毛みたいな具合になってきた
牛鬼と夜行さんと磯女と夜叉かぁ
なんかオリジナルとか思いつつこれSDなのかなって思い始めたぞ

仕事は主に挫折する事です

牛鬼の装飾を三国伝にするか武者にするかで記憶にあったザメルが妖怪チックになった奴を参考にと


・・・うん、役たたねぇ、なんだあの中途半端
最初見た時はもっとオドロオドロしてると思ったのに・・・おかしいな
まぁ俺に中華装飾は無理とザカールで悟ったから武者で
んで頭に毛を付けたいんだけどナドレみたいなサラサラじゃなくて磯女みたいなウネウネが欲しい
ドール系を買うしかないのかなぁ

んでフリーダムの羽に関してはパテで1から作ればいいじゃんって偉そうにほざいてたけど
そもそもパテじゃ重すぎて駄目だからプラと混合してたのを今更思い出した、もうなんなの俺
しかも俺じゃ造形上手くねぇだろって言うね、何調子こいてんの


とりあえず寝るか
プロフィール

鶏がが

Author:鶏がが
原型師の見習いなどなど
思えば遠くへきたもんだ

なにかあればこちらまで
fss_slcあっとyahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。